マヌカハニーは普通のはちみつとどこが違う?UMFとMGOとは?

マヌカハニーは、ニュージーランドで生産されている特別なはちみつであることは、よく知られていますよね。

最近ですと、成城石井やカルディコーヒーファームやコンビニでも、のど飴が売っていたりして、人気の高さをうかがえます。

また、それらのお店やAMAZONでも、マヌカハニーを購入できますが、高価だったりして、どれをどのように選択していいのか分からないと困ったことはないでしょうか。

残念なことに、ニセモノも出回っているので、選択によっては効果を感じられないこともあるようです。

風邪や喉の痛みに効果的と言われている、マヌカハニーをどのように選べばよいのか。

役立つ情報を調べてみました!

マヌカハニーと普通のはちみつとの違いとは?

マヌカハニーは、いわゆる、単花蜜(たんかみつ)(英語:monofloral honey)。
単花蜜は、ほぼ1種類の花の蜜から作られたはちみつのことを指します。

ミツバチには「訪花の一定性」という習性があるって知ってましたか?

かんたんに言うと、浮気性じゃないってことです!

つまり、この花と決めたら、そのお花の蜜がなくなるまで、ひたすらその花から蜜を集めるのです。

たとえ、アカシアのとなりにミカンの花が咲いていようと、目もくれないということですね。

1種類の花の蜜から作られていることから、味は独特で、他のはちみつとは、製造工程なども別で行うため、割高になります。

そのなかで、マヌカハニーはギョリュウバイ(御柳梅)の花の蜜から取れる特別なはちみつです。

マヌカはギョリュウバイの別名です。

マヌカの花

そもそも、はちみつは何千年も前から、薬としての役割があったといわれています。

抗菌性が高いということは、昔から知られていたんですね。

幸せ薬膳カウンセラー夏目ゆき

【はちみつの薬膳効果とは・・・】

はちみつを薬膳の観点で見てみると、元気をつけてくれる食材なので、疲れやすい人や胃腸が弱い人にはオススメです。また、喉や皮膚を潤す効果もあります。乾燥しやすい秋にオススメの食材と言えます。また、腸の乾燥による便秘にも効果的ですよ。

はちみつとマヌカハニーとの違いは、栄養価の数値の違いをまずは挙げてもいいと思います。

もともと一般のはちみつも以下の栄養素が含まれています。

  • アミノ酸
  • ビタミンB (ビタミンB6, チアミン, ナイアシン, リボフラビン, パントテン酸)
  • カルシウム
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • マンガン
  • リン
  • カリウム
  • ナトリウム
  • 亜鉛

普通のはちみつのほぼ4倍の価となるそうです。

このように、マヌカハニーというのは、はちみつの中でも群を抜いて特別なものなんですね。

*ここでいう”普通のはちみつ”というのは、ファーマーズマーケットなどで売っている、人の手があまり入っていないもののことです。

マヌカハニーの選びかた UMFやMGOとは?

残念ながら、市場にはニセモノのマヌカハニーも多く出回っています。

そこで、気にしてほしいのが、マヌカハニーのラベルに記載されているUMFやMGOとその値。

UMFとMGOの違いも気になって来ますよね?

まずは、UMFとは何かということをお話しましょう。

Unique Manuka Factorは訳すると「マヌカの持つ唯一無二の要素」。

UMFマヌカハニー
出典:UMF Honey Association HP

1998年から、ニュージーランドにある UMF Honey Associationという協会で、マヌカハニーの純度と品質の高さを、”UMF”の認証と数値でレベル分けしています。

UMF認証のための検査過程では、マヌカハニーの純度を示す、レプトスペリン(マヌカ固有の成分で、マヌカハニーの純度を示すものと言われています)とDHAとメチルグリオキサールの含有量を測定しています。

UMFの最小のレベルはUMF5ですが、抗菌の効果を得るならば、UMF 10+以上が望ましいです。

UMF 15+以上のマヌカハニーが持つ効果は、あらゆる面で高いのですが、決められた量を摂るなどの注意が必要です。

一方のMGOは、2008年にドレスデン工科大学のトーマス ヘンレ教授が、マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールこそが、マヌカハニーにその独特の抗菌の特性をもたらしているものだと発表したことが始まりです。

MGOマヌカハニー
出典:Manuka Health New Zealand 

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールの値で、レベル分けしています。

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールの濃度は、38から761mg/kgといい、100mg/kg(MGO 100+)あれば、抗菌効果は得られるようです。

すべてのはちみつにメチルグリオキサールは含まれていますが、その濃度はとても薄いと言われています。

その一方で、マヌカハニーの濃度は、100から1000mg/kgと言われています。

MGOの値が高ければ高いほど、抗菌効果は大きいですが、MGO 400+以上あれば、強力なバクテリアやウィルスを攻撃するに足るようです。

メチルグリオキサールは、体内の酵素による破壊に強い耐性を持っているものと言われます。

マヌカハニーの効果とは?

マヌカハニーが、もともと医療目的で使用されていたのは、傷や火傷へのものでした。

昨今は、以下の目的でも用いられていますが、エビデンスはわずかで実際の効果は明確にはなっていません。

  • ガン予防
  • コレステロール値を下げる
  • 炎症を鎮める
  • 糖尿病の治療
  • 蓄膿の治療
  • 胃腸の不調を整える
  • アレルギーの改善
  • 美肌効果
  • 安眠効果
  • 免疫を高める効果

その一方で、2010年にはアメリカの国立ガン研究所が、化学療法による喉や食道の炎症を抑えるためにマヌカハニーを使用したいという提案を承認したという話もあります。

蜂蜜陳列

マヌカハニーの副作用

はちみつと同様、乳幼児にはマヌカハニーの摂取は控えてください。

また、ハチに刺されたときにアレルギー反応が出る人は、マヌカハニーの摂取は控えるようにした方がよいでしょう。

マヌカハニーの効果的な摂りかた

効果的にマヌカハニーと摂るなら、一日に大さじ1または2が望ましいと言われています。

スプーンからの蜂蜜

摂りかたは、そのまま口にすることですが、濃すぎる、甘すぎるという場合は、お好みのお茶に入れたり、ヨーグルトのトッピングに加えたりするのもオススメです。

今後の動きが注目される新ハニー

2017年1月付けのオーストラリア版「ナショナルジオグラフィック」のウェブサイトで、興味深い記事が発表されています。

ニュージーランドの海を挟んでお隣のオーストラリアには、80種のマヌカの仲間である花が咲いていると言われています。

今回、研究者はそれらの花から取れたはちみつとニュージーランド産のマヌカハニーのMGOの値を比較し、さらにそのはちみつをシャーレーに乗せたブドウ球菌へ投入しました。

その結果は、マヌカハニーとほぼ同等だったという発表がなされています。

また、そのサンプルは7年間、冷暗所に保管されていたそうですが、再度実験したときも、その抗菌作用に違いがみられなかったということで研究者はその結果に大変驚いているそうです。

今後の第2のマヌカハニーの動きにも注目ですね。

ハチミツ瓶
Photo by Alona Kraft on Unsplash

まとめ

どうでしたか?

マヌカハニーは普通のはちみつとは明らかに違うということはご理解いただけたと思います。

その中でも、本当に効果を求めるのならば、のど飴を選ぶときでも、UMFやMGOの値を気にして選んだ方が良いですよね。

炎症を鎮める効果があることも認められているので、喉の腫れには効果を示すのではないかと思います。

私は、秋に向けてUMF10+ の蜂蜜を常備しようと考えています。

あと、ちょっとした喉の痛みにオススメなのは、「マヌカハニードロップ」!

ポーチに忍ばして、喉の痛みを感じたら口にしたら、喉の痛みが悪化することがありませんでしたよ。

ぜひ試してみてくださいね。

あなたの感想をLINE@からぜひお聞かせください!

スポンサーリンク



この記事を気に入ったらシェアしてね!


【無料プレゼント】東洋医学的体質チェックシート

 

LINE@へご登録いただいた方に、体質チェックリストをプレゼント♪

今なら、チェック結果を教えていただいた方に、体質タイプとオススメの生活改善方法と食材について無料でお答えします!

友だち追加
ID検索は「@inb7244y」です

LINE@のトークより、漢方や薬膳に関することなら何でも、お気軽にお問合わせ下さい!