今日からできる夏バテ解消!夏バテの症状・原因・解消の方法の秘訣は?

夏アイキャッチ

夏の朝、ご飯が全く食べられなくなり毎朝コーラを飲んでいた、不健康な中学生だった私ですが、現在は、薬膳の知恵を活かしながら、夏も健やかに過ごそうとつとめています。

でも、ついつい暑さにまかせて不摂生をしてしまう夏・・・その結果、夏の終わりに体調を崩しがち・・・。

「もう、あんな夏の終わりを過ごしたくない。もっと健康的な夏を過ごしたい!」ということで、夏バテの症状、原因、解消方法(生活スタイル・食材)について考えてみましたので、ご紹介します。

今回、ご紹介した夏バテ解消方法を日頃から実践することで、夏バテ予防にもなると思いますし、夏バテになりそう、、っていう状況になったときに日頃の生活の振り返りと対策にも使えるはずです!

 

夏バテの症状には何がある?夏バテ症状チェック

「夏バテ」とひとくくりに言っても、その症状は幅広いんですよね。

最初にピンとくるのは疲労感かもしれませんが、次のような症状があれば、夏バテを疑ってもいいかも知れません。

  • 疲労感、疲れが取れない
  • 肩こり
  • イライラ
  • 無気力
  • 食欲低下
  • 下痢または便秘
お疲れ気味のネコ

 

夏バテになる原因とは?

夏バテを解消するとき、何で夏バテになってしまったのか、その原因を知っていた方が、改善の近道が見つけられるはず。

夏バテを引き起こす原因として、次のようなことが考えられます。

「夏のあるある」も多いですよね。あなたも思い当たることあるのではないでしょうか?

✔︎冷たい飲みもの、食べものの摂りすぎ

✔︎お酒の飲み過ぎ(ビールがおいしい季節だけに・・・)

✔︎エアコンの風に当たりすぎ

✔︎外気と室内の気温の差による自律神経の乱れ

✔︎暑さによる寝不足

✔︎生活リズムが不規則

✔︎休息が不十分

✔︎運動不足

✔︎胃腸の疲れ

✔︎朝食を抜いている 

✔︎お風呂はシャワーで済ませている など

 

夏バテの症状が続いたら・・・

夏が終われば、自然にいつもの体調に戻るのでは、そう思いたいところではありますが、夏バテの疲労感が慢性的なものになってしまったら、代謝が落ちて太りやすくなったり、不健康な痩せかたをしたりしてしまうこともあるのです。

また、免疫力が低下し、病気になりやすくなってしまうとことも。。

どれもこれも、よくないことばかり。

「夏バテにならない。」「夏バテの症状を長引かせない。」予防と対策を意識したいですね!

 

実践!今日からできる夏バテ対策(ライフスタイル編)

では、暑い夏を元気に過ごして、健やかに食欲の秋を迎えるために、どうするのか。

今日から意識して行いたいこと、それらはとてもシンプルなんです!

  • こまめに水分補給をする。常温、または温かいものを摂る。
  • 冷たいものを摂りすぎない
  • 朝、少しでも良いから朝食を食べる
  • お酒の飲み過ぎに気をつける
  • お部屋の温度と湿度に気をつける。理想の室温は26から28℃、湿度は40から60%
  • 足元を冷やさない
  • ぬるめのお湯に浸かるようにする
お風呂に入るアヒル

 

実践!今日からできる夏バテ対策(食材編)

最後に、薬膳効果の視点から、毎日の食事に意識して取り入れてほしい食材をご紹介したいと思います!

また、サクッとできそうなレシピもピックアップしてみました。

お疲れ気味のカラダに元気を取り戻してくれるもの、カラダにこもった熱を取り除いてくれるもの、胃腸の調子を整えてくれたり、本来の働きを取り戻してくれるもの、カラダの余分な水分を排出してくれるもの、食欲を取り戻させてくれるもの、喉の渇きを癒してくれるもの、日常に取り入れやすい食材ばかりですよ。

できるだけ、温かくして摂ることを意識してくださいね。

食欲が落ちたときは、スープやお粥などで摂るのがおすすめです。

*こちらもぜひご覧くださいね!https://belle-yakuzen.com/simple-yakuzen-summer/

スープアイキャッチ画像
  • はと麦
    胃腸の調子を改善する
    水分代謝をアップし、むくみを解消する
    お肌の調子を整える

 

  • 緑豆
    カラダの余分な熱を取る
    口内炎、吹き出物、むくみにも効果あり
    夏バテ予防に効果のある食材の代表格

はと麦と緑豆のおかゆぜんざい

材料 (3人分)

  • はと麦100g
  • 緑豆100g
  • 水1000ml
  • 塩すこし
  • 砂糖(あればてんさい糖)大さじ1
  • くこの実好みで

1 鍋に(あったら土鍋で)はと麦、緑豆を洗って一晩分量の水に浸けておく。

2 塩、砂糖を入れ、中火にかけて沸騰したら吹きこぼれない程度に火を弱め、たまに底を混ぜながらくつくつ1時間ほど煮る。

3 好みでくこの実を入れたら火を止めて15分ほど蒸らす。

出典:Cookpad by もりもりやさいさん

 

  • トウモロコシ
    疲れやすさを感じているときにオススメの食材
    カラダの熱を冷ます
    水分代謝をアップし、むくみを解消する

*トウモロコシのひげ「南蛮毛(ナンバンゲ)」は生薬です

 

  • トマト 
    カラダの余分な熱を取る
    口の渇きを改善する
    胃腸の働きを高めて食欲を取り戻す

 

  • ナス
    カラダにこもった熱を取り除いてくれる
    利尿作用を活発にする
    食欲増進
    胃もたれ解消

 

  • キュウリ
    カラダにこもった熱を取り除いてくれる
    喉の渇きをいやす
    水分代謝をアップしてむくみを解消する
夏野菜
  • ゴーヤ
    カラダにこもった熱を取り除いてくれる
    疲労回復

 

  • 冬瓜
    カラダにこもった熱を取り除いてくれる
    水分代謝をアップし、バランスを整えてくれ、むくみを解消する
    食欲増進
    疲労回復

 

  • かぼちゃ
    温め効果があり冷房の冷えでだるさを感じるときにおすすめ
    疲労回復

 

  • えだまめ
    胃腸の調子を改善する
    疲労回復

 

  • もやし
    水分代謝をアップし、むくみを解消する
    解毒効果
    口の渇きを改善する

 

  • にんにく
    カラダを温め血行をよくしてくれる
    気巡り改善

夏におすすめの食材は、カラダを冷やすものが多いので、にんにくをかくし味に入れるのもよいですよね!もやしとにんにくでサクッとできる、美味レシピを発見しました↓↓

ガーリックとごま油が食欲そそる!「もやぺぺ」

材料 1人分

  • もやし     70g
  • にんにく    ひとかけ
  • 輪切り唐辛子  ひとつまみ
  • ごま油     大さじ1/2
  • 塩       少々
  • 黒こしょう   少々

 

作り方

  1. フライパンにごま油をひき、荒みじん切りにしたにんにくと輪切り唐辛子を弱火で香りが立つまで炒める。

  2. もやしを入れ塩をまぶし、中火でしんなりするまで炒める。仕上げに黒こしょうをまぶせば完成!

出典:「【中毒性注意】もやしを使うとはかどる禁断の廃人飯レシピ」

  • ミョウガ
    カラダの余分な熱を取る
    解毒効果
    血行改善効果

 

  • パイナップル
    疲労回復
    利尿効果

 

  • キウイ
    カラダの熱を冷ます
    胃腸の調子を改善する
    利尿効果

 


  • 整腸作用あり
    血行改善
    カラダを潤す
    疲労回復

桃

 

  • すいか
    カラダの熱を冷ます
    喉の渇きをいやす
    水分代謝をアップし、むくみを解消する

 

  • しじみ
    カラダの熱を冷ます
    利尿作用

 

  • いか たこ
    疲労回復

 

  • あじ
    食欲増進
    疲労回復

 

  • とり肉
    他のお肉よりも消化吸収が良い
    お腹を温める
    疲労回復

 

  • しょうゆ
    カラダの熱を冷ます
    解毒効果

 

  • こしょう
    お腹を温める
    食欲増進

 


  • 血行改善
    食欲増進
    解毒作用

 

  • はちみつ
    食欲増進
    疲労回復

 

  • 味噌
    カラダの熱を冷ます
    食欲増進
    水分代謝をアップし、むくみを解消する

サラダ味噌スープ♪

材料 (ふたり分)

  • トマト1個
  • じゃが芋1個
  • レタス1~2枚
  • 出し汁 400cc
  • 好みの味噌大さじ1強
  • 青葱 少々

1 出し汁にじゃが芋を入れて柔らかく煮て、味噌を溶き入れ、トマトとレタスを加えます。

2 器に注ぎ、青葱の小口切りを浮かべます。

コツ・ポイント:トマトとレタスは仕上げに加えて余熱を通す程度で充分。煮すぎないこと。

出典:Cookpad by 愛乙女愛さん

  • 山椒
    カラダを温める
    食欲増進

 

  • 烏龍茶
    カラダの熱を冷ます
    脂肪燃焼
    消化を助ける
    利尿作用

 

  • 緑茶
    清熱効果高い
    消化を助ける

 

  • なつめ(生薬名:大棗 タイソウ)
    胃腸の調子を整える
    食欲増進
    元気をつけてくれる
幸せ薬膳カウンセラー夏目ゆき

先に紹介した「はと麦と緑豆のおかゆぜんざい」になつめも加えると甘さも元気も増しますよ♪

  • フェンネル(ウイキョウ)
    食欲増進
    カラダを温める
    胃腸を整える

 

最後に

暑さは、心にもストレスを来たしやすいですよね。そんなとき、すぐに涼しさを求めたくなり、冷たいものを飲んだり食べたり、薄着をしたりとしてしまいがちですが、実は心身にダメージを与えてしまっていることもあるのですよね。

そうめんや冷たい蕎麦を食べるときは、薬味を賢く使う、夏野菜を使ったスープを食べる、緑茶にミントを加えるなど、涼しさの中にも温めを忘れないなど意識したいものです。

夏バテにならないカラダ、夏バテになっても解消する方法を忘れずに元気に過ごしていきたいですね!

スポンサーリンク



この記事を気に入ったらシェアしてね!


【無料プレゼント】東洋医学的体質チェックシート

 

LINE@へご登録いただいた方に、体質チェックリストをプレゼント♪

今なら、チェック結果を教えていただいた方に、体質タイプとオススメの生活改善方法と食材について無料でお答えします!

友だち追加
ID検索は「@inb7244y」です

LINE@のトークより、漢方や薬膳に関することなら何でも、お気軽にお問合わせ下さい!